29
1月
Off

断捨断が出来ない自分とサヨナラしたい。

寒気が来たり遠ざかったり。体感気温が日によって全然違うので、唇の部分にかさぶた出来ちまったよ。

多分、今、体は必死にウイルスと戦ってるんだろうなと勝手に予想してるナカですよ、コンバンハ。

 

月曜日はどうしても、気持ちが「やる気しねぇヤダヤダ病」になりやすい訳だけど、まぁ、そんなこと言っても一週間は始まってしまうので、さっさとやる気スイッチポチってやって切り替えなきゃとは思う訳で。

 

 

話は変わるが、早いモノで1月もあと3日。

あっという間に1ヶ月がすぎてしまうね。

2月はちょっと人が来る用事があるので、2月末前にある程度の大掃除をしてしまわないといけない。

だがしかし。

自分はとても掃除が苦手である。

 

自慢じゃないが、片付けしないことを見なかったことにするのは大得意なんだ。

今年はそんな自分とサヨウナラしたかったんだけど、相変わらず1月は現状維持のまま。

これじゃあ、いかんよね。

 

と、いうことで。少しずつ持ち物を整理することにしていこうと思ってるよ。

 

 

そもそも何で片付けが苦手なのだ?

掃除が苦手な部分と向き合うためには、まず自分を知る事が大事?

というわけで、何故片付けが苦手なのかを、自分なりに考えてみることにする。

 

モノが溢れていることに違和感を感じにくい。

実は、モノが溢れていることを嫌だなと感じるときと、モノが溢れていても別に生活出来ない訳じゃないから良いかと思うときがある。

で、自分の場合、圧倒的に後者のパターンが多い。

生活出来る最低限のスペースがあるなら、虫が寄ってこないものは片付けが後回しになるから、結局モノが増えてしまうのかもしれない。

 

自分の持ち物が減るのが苦手。

典型的な捨てられない症候群なんだけど、自分の持ち物が知らない内に、手元から無くなるのがとても苦手だと感じてしまう部分がある。

他人にとってゴミと感じるものでも、自分に取っては大事なモノ。

そのアタリがきちんと自分自身で整理出来ない限り、自分の持ち物が無くなってしまうのがとても嫌なんだ。

 

ついつい集めたい症候群。

コレクターという程集めている訳じゃないけれども、種類があるモノを揃えてしまいたいという衝動に良く駆られるタイプ。

 

捨て方が分からない物が有ると、思考が停止する。

最近気付いたけど、燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミ・有害ゴミ・粗大ゴミと見て明らかに分かるものは、捨てる事が出来るけど、判断に困るモノ(これは粗大ゴミ?燃えないゴミ?とか)と遭遇すると、どうも思考が止まってしまうらしい。

なので、小物は少しずつ減ってきているけど、大型の判断しにくい不要物は未だに残ったまま。

 

後でやるからいいや。

で、一番だめなのは、この「後でやるからいいや」という、嫌なことから目を背けてしまう部分。

後でやるからは後ではやらない。それは分かってるんだけど、どうも後でやるからいいや病によく捕まってしまう。

 

こうしてみると、自分はとても意志が弱いんだろうなと言うことが分かる。

嫌なことを後回しにして、後で一人ふて腐れる傾向が強いのかも知れない。

コレを改善するためには、どうればいいのか……明日はソレを考えてみようかな。

 

取り敢えず、今日は燃えるゴミの袋を片手に、捨てても良い物を袋詰めだけして寝ることにしよう。

タグ:

スポンサーリンク