1
3月
Off

今だから言われたことが分かることもある。

基本的には楽観的に気楽に生きているつもりなんだが、それでも、過去のことをふとした瞬間に思い出すときも有る。

と、言うわけで、3月だし、卒業シーズンだし、ちょっとだけ真面目な話な本日。

人っていうのは、経験したことによって、自分が成長していくものだと思えるようになったのは、自分自身の考えに色々と余裕が出てきたってことなのか、それとも色んな事を諦めた結論としてそう決めつけているのかどうかは分からないけれど、経験っていうのはとても大事だと思うようになった。

以前勤めていた会社は立ち上げからのメンバーだったから、会社が始まった当初は、仕事こそ忙しかったけど、全体的に和気藹々としていて楽しかった。

色々と勉強になることも多かったし、色んな事が新鮮で何をやっても面白いと感じられるのが純粋に楽しいと感じていたんだよなぁ。

でも、年数が増えて人が増えるに連れ、人間関係に変化が出てくると、それなりに増えてくる鬱憤っていうんですかね。

何でこうなったとか、あの人はこうなのにとか。

色々不満が出てくるわけで。

特に自分の場合(というか、自分の経験談でしか話出来ないから、かなり主観的な話になんるだが)、目の前に餌をぶら下げられて頑張ったら、横から褒美を掻っ攫われることがとても多かった。

例えば、Aというプロジェクトがあるからスタメンに入ってくれと言われ頑張ったら、このプロジェクト●●さんにお願いすることにしたからと突然外されたり、Bというプロジェクトをやるから立ち上げメンバーはみんな出張だよって宣言されていたのに、自分一人だけ居残り組と後から告げられたり。

極めつけには、立ち上げメンバーがみんな部署移動になって勤務形態が変わったのに、自分だけは一番初めの部署で一番時間に融通が利かない仕事を大量に持たされたり。

結局そこは体調を崩すほど体を駆使してたし、精神的にも追い詰められて辞めてしまったんだけど、あの時は何故自分ばかりが、いつまで経っても変わらない現状で、必死にならないといけないんだろうってずっと考えてた。

やりたいことは何一つやらせてもらえず、部下の育成やスケジュールは一気に任され、キャパシティオーバーの仕事と配分が上手く出来ない勤務形態で働いてきたのに、何故一つも認めて貰えないんだろうって。

 

でも、今だから何故こうなったのかが分かってくることもあるんだ。実は。

 

勿論、この意見はかなり主観的だから、自分の都合の良いように自分を被害者として見てる部分もあるだろうし、解釈だって自分勝手だ。

ただ、時間が経ったからこそ、そういうことだったのかな?と冷静に見直したり、自分ばっかり何故という考えが、自分の事しか見えていないからこそ出てきた考えだって気づけたりすることが出来た。

 

スタメンから外されて仕事を任せて貰えなかったのは、自分が経験不足で人をまとめたり、顧客とやりとりをする力が足りていなかったから。

自分だけ出張居残り組だったのは、自分に今有る仕事をしっかり管理して欲しいと任されていたから。

立ち上げメンバーが移動になったのに自分だけが同じ部署だったのは、経験と実作業の面で信用があったから。

 

全部、自分という人間のことを評価してくれていたからこその、人選だったんだろうなって。

ただ、ソレに気付くためには自分自身が人間としての経験が不足しすぎていた。就職してすぐの若者には気付けなかったんだよ、その意図は。

だからこそ、自分本位の考えになっていたし、周りを見れずに自分だけ不運だみんな狡いって思い込んでしまっていたんだなぁと。

一番初めの会社は失ったものや諦めたことは沢山あるけれど、同じくらい自分の事を成長させてくれることも多かった。もしかしたら未だ気付いていないだけで、自分の中で沢山獲得している経験値はもっともっとあるのかもしれない。

確かにブラックだったし、労基に訴えられたりもしていたけれど、あの時に自分の間違いに気がつけて、今でも頑張れていたら、今と違った経験値を獲得できていたのかなぁ。

自分でどうするのかを選択して今があるんだから後悔はしたくないけれど、たまーにあの時こうしていたらどうだったんだろうって思う事。

まだまだやめられそうにないや。

ただ、時が経ったから、気付けなかったことに気がつけるということは増えたなと感じる事も多くなったよ。

それだけの話。

タグ:

スポンサーリンク