映画のタイトルと内容をよく忘れるから、それをメモるためのノートを買ってきた。

noimage

映画レビューをしっかり出来るほど映画を見ている訳では無いですが、時間があるときや作業の片手間に映画やドラマを見ることは割とあります。

で、見た作品は少しずつブログの方にまとめてみようとしているのですが、これがなかなか難しいもので。

というのも、ネット配信で見る場合ながら見が多いせいで、映像を見ず音を聞いていたり、流しっぱなしで何本も連続して見たりすることが多いため、一つ一つの話をじっくり見ることが少ないんですよね。

映画館で見るときは、帰ったら内容がぽーんって飛んでしまって詳細が思い出せないってことも多いですし。

そうやって、「後でまとめるか」とぶん投げたものは、後でやることリストに追加したまま埋もれていくことが多い訳ですよ。

まぁ、それはそれで誰かに迷惑を掛けている訳では無いので良いのですが、一つだけ困ったことが。

それが何かというと…………

 
もう一回見ようと思った時にタイトルが思い出せません!

です。そうです。映像としてのシーンは記憶に残っているのですが、肝心の作品タイトルが記憶からすっぽ抜けて思い出せない事が多々あるわけです。

そうやって、もう一度見ようと思ってもみれない作品が溜まってきている事に、ここ最近若干のストレスを感じ始めてきました。

と言うわけで、漸く書いて記録するということを始めることにしました。

 

スポンサーリンク

一般受けする映画は検索で出てくる。でも、ドマイナーな映画は探しても中々情報に辿り着かない!

ところで……。映画と言っても邦画やら洋画やらから、ドラマ、SF、ミステリ、サスペンス、ドキュメンタリー、ホラーなどと言ったジャンルなど沢山作品がありますよね。

CMや予告でよく流れたりする流行の作品なら、観る人が多いため、タイトルさえ覚えておけばネットで検索すると直ぐに目的の情報に辿り着くことが出来ます。

しかし、これが一般受けしない作品だったら状況は一変。幾ら検索しても情報なんて出てこないんですよね、悲しコトに。

とは言え、そういう作品を好んで観てくれているユーザーさんもいますので、運が良ければレビューを見つけることも出来ます。

運が良ければね。

そんなわけでほんの僅かな奇跡を期待して検索するんですが、どうやら自分の記憶に引っかかっている映画はその運さえも発揮されないことが結構あったりします。

多分それ、「そもそも観る人が居ないんじゃないか疑惑」の作品をうっかり観てしまっている可能性が高いのでは?

となると、幾ら探しても出てこない情報は自力でなんとかするしかないわけで。

今回ノートを書くぞ!と決めた大きな理由はそれになります。

 
例え観てる人が居ても、ネットに情報を書いてもらえ無い場合、それは検索しても出てこないんだって今更気付いたよ。

 

スポンサーリンク

とは言え、レビューを書くのが下手くそな自分。上手くまとめられるかは不安が大きい。

正直な話、自分はとても感想文を書くのが苦手です。

創作文ならそれほど難しいと感じなくても、感想をまとめましょうと言われると途端に分かりませんってなるタイプなんですよね。

なので、レビューをまとめるのがとても苦手なんです。

そんな自分がノートを書いて、ちゃんとまとめられるのかと考えると、実は結構不安を感じている部分がありました。

なので、過去に何回かチャレンジして、結局数ページも進まず頓挫した経験ありなのです。

 
そんなことを繰り返してるから、いつまで経ってもスキルアップしないし、タイトル思い出せないんだよ。

と、セルフ突っ込みを取りあえず入れておこう。

 

見たい情報を引き出すために必要なのは内容じゃなくて、作品のタイトルでは?

そこで、一度、真っ白なノートを前に考え方を変えることにしてみました。

今現在、自分が欲している情報は、作品を探し出すために一番大事な「作品タイトル」です。内容の詳細は二の次。

 
と言うことは、最低でも作品タイトルだけメモっておけば良いのでは?

単純に考えるとその通りなんですよね。何てことは無いし、何も難しい事は無い訳です。

じゃあ何で、作品の感想も必要だと考えていたかというと、ブログにメモしておこうという下心があるからです。

 
というか、一つすらまともに継続出来ていないのに、欲張りすぎでハードル上げてどうすんだよ。

分かっていても、後々まとめることを考えると、少しでも詳細をまとめておきたいと思ってしまうのがダメなんでしょうね。

とにかく、これを悩み続けていると何も出来ないという結論に至ったので、最低でもタイトルだけは記載しておくという形で、思いっきりハードルを下げることにしました。

 

ハードルを下げてみると、あら不思議。以外とスウスラまとめていける……こともあるかも?

自分に対してのハードルを下げると、心境ががらりと変わるってことあるんですね。

必要なのは作品タイトル!書けそうだったら内容についてのメモ!と考え方を変えるとあら不思議。

以前まで絶対無理!と思っていた内容を思い出してメモすることが、面白いくらいスラスラと書けることに気付きました。

もちろん、レビューを書くのが上手い人に比べると、自分の感想はショボいもんです。

それでも、記録するという目的が達成出来たことは、自分にとってかなり大きなことなんですよね。

早速、真新しいノートの2ページが埋まりました。その映画については、時間を見つけて記事をまとめられれば良いなと考え中です。

 

スポンサーリンク

これから、このノートを充実させていきたい!そんなささやかな目的が出来た!

ページが一枚埋まると素直に嬉しいと感じるものですね。

また、文字を書くという事から遠ざかっていたので、ノートに自分の字で書く(綺麗とは言えない文字だが)、文字を思い出しながら言葉をメモるという行動が、楽しいと感じるのも面白いです。

そんなわけで、まだ2ページしか埋まっていない映画のメモノートですが、まずはこの1冊を全部使い切りたい!という小さな目標が出来ました!

そして、観たいと思って探せなかった作品を一本でも減らしていけたらいいな。

ついでに、探してるタイトルの映画が偶然見つかるともっと……いいな……。

スポンサーリンク