今回の確定申告。結果的には必要無し!それでも行ってみて良かったと思った。

今回の確定申告。結果的には必要無し!

2月24日に、ハラハラドキドキ確定申告をするべく、会場に行ってみました。

結論としては、今年度雑費分の確定申告は行う必要はありませんとのこと。まぁ、赤字で真っ赤っかなので、自分らの活動状況。

とは言え、確定申告をしにいったことが全くの無駄かというとそうではありませんでした。

確定申告の種類についてはコチラを。

 

スポンサーリンク

確定申告。相談込みの申告をする場合はとにかく混むし、待たされる。

毎年よく耳にすることではあるのでなんとなく予想はついていましたが、いざ確定申告をしにいくぞ!と会場に行ってみると、やっぱり混んでいました。

事前に待機時間が2時間超えで、最悪途中離脱もあるかもしれないと教えて貰っていたので、相方と事前に朝早くから行こう!と相談し、開館時刻30分前に駐車場入りをしたのですが、もう既に駐車場には車がまばらに停まりはじめて居るワケですよ。

入り口に向かうと、建物の外まですでに人が!

幸いにも、建物の中にはそれほど待たされずに入ることは出来たのですが、かなり早く来たつもりでも、会場のある3階に移動出来たときには相談スペースは半分以上埋まっていました。

確定申告する人間が多いのに対し、対応してくれる相談員さんの人数には限りが有るわけで、たまたま運良く相談員さんが気付いてくれたので5分くらいしか待ち時間が無かったのですが、運が悪ければずっと待たされるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

副業同人(雑所得)だと、必要な書類は少なくなる?

実は、説明が早すぎてよく理解できていなかったのですが、今回用意していった用紙の何枚かは、自分の場合だと申告時に必要が無いものもあったようです。後で調べて追記する……。

 

住民税はどうなってるの?

今回一番不明かつ不安だった住民税に関しては、1円でも利益があれば発生するという認識は間違いではないみたいですが、赤字の場合、利益が出ているとは見なされないようなので、申告の必要は無いですよと教えて貰いました。

……でも、払いすぎた税金分(設備云々)の還付金はどうなるんだろう?

 

来年は青色申告をしたい!その悩み、全国青色申告会総連合が解決!……してくれるかも?

今回は面白いくらい真っ赤っかな帳簿なので、申告は必要ありませんよと相談員さんに教えてもらい、すごすご帰宅することに。

しかし、自分らの目的は確定申告をすることだけでは無く、次回は青色申告で確定申告をする!もあります。

とは言え……そこを相談できるかと言えば、皆さんとても忙しそうだし、順番待ちをしている人も沢山居るわけで。とてもじゃないけど相談出来る雰囲気じゃ無い……

そんな時に手を差し伸べてくれたのが、出口付近に居たおじさん!

このおじさん。全国青色申告会総連合というところのスタッフさんのようです。

 

スポンサーリンク

全国青色申告会総連合って何だろう?

正直な話、今回申告会場に行くまで全国青色申告会総連合(全青色)という団体があることを知りませんでした。

何やらこの団体、個人事業主やフリーランスの人達の確定申告をサポートしてくれるという団体のようです。

青色申告会のポータルサイト -一般社団法人 全国青色申告会総連合

個人事業主の確定申告を支援する青色申告会は、納税者が自発的に集って生まれた納税協力団体です。一般社団法人全国青色申告会総連合(全青色)は、青色申告制度の普及につとめ、公平・中立・簡素な納税制度の実現を目指しています。

場所も北那覇税務署の中(?)にあるようで、怪しい団体では無さそう。

話を聞いてみると、確定申告のやり方から、帳簿の付け方、整理の仕方、申告の手続きまで、色々と相談に乗ってくれるようです。

一年を通して色々と講習形式で教えてくれそうですし、グループで講習を受けるか、個人で受けるかは選べそう。

土曜日も午前中だけなら利用出来る(土曜日はグループでの講習はやっていないらしい)ようなので、平日に仕事をしていても大丈夫とのことでした。

※全青色は全国に窓口があります!

窓口検索 -青色申告会のポータルサイト -一般社団法人 全国青色申告会総連合-

あなたの町の青色申告会について連絡先を掲載しています。資料請求や入会のお問い合わせなどにご活用ください。

 

スポンサーリンク

ただし、利用するには月額1,000円がかかる。

全青色で確定申告のノウハウを学ぼうと考えたとき、ネックになるのは会員費の存在だと思います。

会員費は月額1,000円で、一度入会すると退会手続きをしない限り次年度からは自動更新になるようです。年にすると12,000円の出費ってことですね。

会費は口座からの引き落としになっているようです。

自分たちの場合は、相方と相談して入会することに決めました。

自分たちで帳簿を管理するには知識がなさ過ぎること、会員になれば毎年申告時に全青色から確定申告の手続きが出来ること、その際青色申告の申請が出来ることが理由です。

 

確定申告を行うためにどういう方法を選択するかは自由。だから自分に合った方法を探そう!

確定申告って、今回改めて思ったのですがとても面倒くさいです。

毎月の収支を詳細に管理・まとめ、それを帳簿に記載し、申告時に書類の作成・税務署に行って手続き。青色申告をしたい場合は、その時に申請を行う。

言葉にすると余りやることがないように感じますが、実際は収支が動く度に詳細を記録しておかないと、後で思い出せない記憶と格闘し、合わない数字で悩み、不安を抱えたまま申告に行くと言うことになるのでストレスが大きくなってしまいます。

それを解決するために一番楽なのは、税理士さんを頼ることですよね。

ただ、税理士さんにお願いするには当然、お願いするためのお金がかかります。

会社を経営している、売上げが安定してあるなどでしたら、税理士さんの手を借りて安心出来る確定申告をするのが一番です。

ですが、お金が掛かると生活が……なんて場合は、自分でなんとかしたいと思う場合も多いはず。

もちろん、帳簿をまとめるのが上手い人や完璧に行える人は自分でやると便利です。しかし、帳簿の数字を見るだけで吐き気が……なんて人からすると、正直そこから目を背けたくなってしまいますよね。

 

今回、申告会場で偶然声を掛けていただいた全青色のスタッフさん。

【税理士さんにお願いする】【自分で調べて自分で申告をする】以外の選択肢である【全青色で色々手伝ってもらう】を提示してもらえた事で、自分たちの気持ちは大分軽くなりました。

未だに次年度(今年度?)の確定申告は不安がたっぷりあります。が、今回のように頭がパニックになる前に相談出来る場所が出来たこと、来年度は青色申告が出来るように準備が出来たことがプラスされただけで、随分前向きに確定申告と向き合えるようになりました。

 

今年はコロナウイルスの関係で申告期間が4月まで伸びましたが、これから申告をしようと思っている・来年度の申告は不安を少しでも軽減したいなど考えている人がいましたら、全青色さんを利用してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク