多頭飼いな我が家。そんな猫たちのもぐもぐご飯事情。

猫も増えればなんとやら。ナカ家の猫事情は、いわゆる多頭飼いですよ、コンバンハ。
猫と暮らし始めたときに兄弟からスタートしたからなのか、気がつけば地味に増えている猫たち。メンバーが多いと当然、ご飯は大袋でドカンと買う方が効率がいいです。
とはいえー…6匹中3匹は療法食のため、実質大袋を食っているのは3匹になるんだけどね。

そんなわけで、そろそろ大袋の中身が心許なくなってきたので、追加注文でぽちっと。

飯の残が少なくなったことだし、一応このサイトブログもどきは猫もメインなので、折角の機会デスヨ。
本日は猫のごはんについて考えてみようかな。

 

スポンサーリンク

猫のごはんもプレミアムに!?

そうそう。まず、久しぶりに猫と暮らし初めてビックリしたことの一つに、猫のごはんのバリエーションが豊富になった!ということがあります。なぜなら……

一昔前の猫のごはんと言えばコレじゃん?

猫のごはんといえばねこまんま!

なんていうのはサテオキ。昔は、猫にあげるごはんは余り物だったり、缶詰だったり、かつおぶしや煮干しだったりと、割と自由に与えていた気がするんですよね。
というか、昔飼ってたタマちゃんは、何でも食べる雑食女子だったんで。オジィがほいほい何でもあげるからってのもあるけど。

そんなわけで、当然キャットフードも猫専用のごはんなんだという認識で、メーカーなんて気にしたことなんて無いわけですよ

でもでも、最近は、昔ながらのキャットフードの他に、猫の健康を考えた所謂プレミアムフードというのも多くなってきているんですね。

プレミアムフードは名前から分かるように、お値段バーンッ!な猫にとってのステキフードってヤツっぽいことはなんとなくわかります。

大雑把は印象としては、良いこと尽くめだやったぜわっほい!という印象のあるお高いごはんという感じかなと(あくまでも、個人的感想デス)。

 

大雑把にわかっても、結局プレミアムってどういうことなんだろう?

プレミアムフードが猫にとってイイヨ。でも高いよっていう認識しかないので、何がプレミアムなのか気になりますよね。

で、調べてみるたら、人間が食べても問題ない・質が高い原料を使って作られた猫用のご飯ってやつが、プレミアムフードってものらしいんです。ほうほう。お猫様も大分リッチになってきたな。

詳しいプレミアムフード云々は、分かりやすく説明しているサイトさんが沢山あるので、そっちを参考にした方が良いです。実際使ったこと無いフードの方が多いので、比較が現時点では出来ないため。すいません。

 

スポンサーリンク

猫の健康を考えるなら、当然アナタもプレミアムフードチョイスですよね???

※この記事は、2017年11月時点での猫食事情です。

猫だって、一緒に住む家族です。なので、健康に良いものを食べて欲しいですよね!

と、思っては居ても、相談が必要なのは、お財布事情というものですよ。

まぁ、家長のお財布事情が大きく左右する部分なので、この辺りは容量も視野に入れて選びたいところです。それに、色々と思うところがあるので、お値段お高め容量少なめなセレブ飯よりも、結局はコスパを取るというパターン。だって、舌が肥えすぎて他のご飯を食べなくなったら元も子も無いじゃ無いですか。

選ぶ基準は、①に容量、②にコスパ。③、④が無くて⑤に健康!というのは冗談ですが、プレミアム過ぎるプレミアムフードじゃなくても、少しランクを落として量が稼げるものを、アマゾンなり、楽天なりで探していきます。で、気になったのがこの商品。

テイストオブザワイルドは、ワイルドキャット社(アメリカ)のごはんなのですが、猫餌レビューなどのブログで情報をチェックしてみると、まぁ、うん。やっすいキャットフードよりは良いけれど、オススメランク度は微妙なところでランク付けされていました。(そういうブログは大抵カナガン全力推しなので、わかっていたことではあるけど)

それでも構わない!とりあえず買って見るべし!というわけでポチってしばらく待つと、クロネコのおじさんが、重そうな荷物を抱えてコンニチハ。

受け取った箱を開封してみてまず思ったのは、

 

 
ふ……袋が……でけぇ……

 

そりゃ当たり前ですよね。なんせ、容量が6.8kgもありますから。

袋も大きければ、重さもたいそうなものです。

しかし、この袋。ジップなんて粋なオプションはついていません。つまり、一度開封してしまうと、中身がボロボロ出てしまうタイプの紙袋なんですね。犬ご飯の大容量パックみたいな感じを想像してもらえればわかりやすいかと。

なので、開封したらその時点で、小分けにジップしていくか、フードボックスに分け分けする必要があり、この作業が地味にめんどくさいです。猫たちは何かを悟ってうるさいし。

 

でも、そんなデメリットに目をつぶりつつ、このご飯を買っているのは、こんな理由があったりするからです。

 

何よりもありがたいのが、コスパが良いという部分。

大容量のメリットはなんと言ってもコスパが良いこと。

1頭飼いなら、少しリッチなご飯に切り替えても、消費量と日数で考えてたところで、そこまで大きくコスパの差は感じにくいかと思います。

でも、これが6頭もいると……

6.8kgと3kgだと1ヶ月での消費量は雲泥の差ですよ!!

しかもそれが、育ち盛りのオスだったりすると、もう、出たら出ただけガツガツ食うわけです。6kgなんて2ヶ月も経たないうちにあっという間に無くなる、無くなる。

それに、ご飯によって肉付きが変わってきたりするから、体調に合わせて量を調整するじゃないですか。同じkgでも種類によって、大粒か小粒かがあるせいで、1ヶ月持つか持たないかも変わってくるんです。

だから、コスパが良いのは多頭飼いには正義だと思う。

 

次に大事なのは、ちゃんと食べてくれるかどうかということ。

どんなに猫にとって良いものをと思って用意しても、舌に合わない・好みじゃ無いというパターンもあります。

猫によっては体調が芳しくなかったりすることも。

なので、次のポイントは、ちゃんとそのご飯を残さず食べられるかどうかです。

今回は問題なくパクパクしてたので、この部分は無事クリア!

 

そして体調を大幅に壊さないかどうかである。

で、最後のチェックポイントは、食事をした後に体調を大きく崩さないかどうか

何やらご飯によってはアレルギーや下痢・嘔吐など、猫とご飯の相性があるようです。大容量・味の好みがクリア出来たら、ココで問題無ければこのご飯で決定しても問題は無いということ。

我が家の猫たちは、ワイルドキャットは大丈夫なようなので、継続して購入していくことを考えることにします。

 

チナミにこの商品は肉と魚でメインが選べるのだが、どうも肉より魚ベースの方が体調がいいっぽいので、魚で固定しようかと考え中。

とは言え……実は、最も食いつきがよく、便の状態が絶好調だったのは、ヤラー社のグレインフリーだったんですよね。

猫も飼い主も大変気に入っては居たんですが、いかんせん量が…ね。コスパがね。辛かったのでありますよ…

あと、色々とメーカー側で変更があったらしく、量が少なくなったり。

でも、泣く泣く購入を諦めた一番の理由は、沖縄への送料無料のお店が中々見つからないんです!!ココ重要だよ!最も!

実は、直接購入出来ないか必死に探してみたんだけど、こういう食品類は海外からの取り寄せって中々出来ないっぽいですね。本なら出来るんだけどなぁ……

 

そうはいっても、やっぱり健康な良いご飯がいいんじゃないの?といわれるのがもやる。

だって、プレミアムフードだから良いってワケじゃないんだよ。

と、書くと、色々と言われそうではありますが、一応気になることもあるので。

実は、プレミアムフードに切り替えようと思って探した時に、気になったのは、やたらと「カナ●ン」がオススメというサイトが多いことです。

確かに、内容を読んでいると、商品レビューも高いし、健康面にもかなり気をつかっている外国産。値段と内容量を考えなければ、猫にとって良いと思われるご飯だとは感じます。

でも、この「カナ●ン」。ちょっと紹介サイトに引っかかるものがあるんですよ。

と、いうのも…

ランキングがどのサイトでも1位(またはやたら高い)で、ソレに付随して、こちらから買えますという誘導リンクが多いんです。←ココものすごく重要!

 

 
え?それのどこが悪いの?

 

まぁ、普通そう思いますよね。だって、ちゃんと商品レビューして、健康に良いのでオススメです!ってなってるので、わざわざ疑う事ってしないじゃないですか。でもですよ。

 

 
この紹介の仕方って、実はアフィリエイトサイトの特徴なんだよなぁ……

 

と、自分は考えてしまうんです。

良い品質をオススメするのはモチロン良い事ではありますよ。でも、サイトのどこにも悪いレビューが無いのは胡散臭いんです。

だって、メリットがあればデメリットもあるのが普通じゃないですか。検索して出てきた結果の一つくらいには、このデメリットがあっても良いと思うんですが、カナ●ンを紹介されているサイトさんが全て、声を揃えて「めちゃくちゃ良いご飯だから、すごくオススメだよ!絶対保証するから!」と言ってるんですよ。

 
ホントかよ、それ。

で、アマゾンを見てみると、猫によっては体質にあわず体調を崩すこと、子猫には高タンパクすぎて合わないことなど、デメリットレビューがやっと見つけらました

ということはつまり、無条件で良いご飯というわけでは無いということですよね。

また、アフィリエイトサイトは、実際使用しなくても記事を作成することが可能です。ほとんどのレビューサイトさんは、ちゃんとお猫様に食していただいてから紹介を書いていると思いますが、中には他のサイトさんの記事を参考に紹介していたりする人も居るかもしれない

こうやって考えると、良い事ばっかり書いているものは、本当に良いものなのだろうか?という疑問が出てしまいませんか?

だって、カナ●ン、一袋で結構お値段はるし、イイヨっていう言葉を信じて買ったら食べなかったとか嫌じゃ無いですか。

なので、自分で納得出来ないものは、例えレビューが高くても疑ってかかることにしてるんです。

 

あっ。因みに、イギリスアマゾンだと、良いレビューの方が多いので、ちゃんとしたフードであることは間違いないっぽいですよ。ただ、子猫だとおなか壊すみたいですけど。

 

結局のところ、好んでちゃんと食べてくれるご飯が一番のゴチソウ!である。

と、まぁ、色々ご飯についての意見を述べましたが、結局のところ、一番は食べて貰えることだと思っています。

プレミアムフードじゃなくても、いつまでも健康に長生きしてくれる猫も居れば、良いご飯を食べているのに段々弱ってしまう猫も居います。それが答えなのかなと。

人間側がこれが良いよと言っても、ソレを食べて貰えなかったり、それで体調が著しく崩れたりアレルギーが出たりするのなら意味が無いですよね。

そうやって考えると、猫も人間もこれがいいね!と思えるご飯が、一番良いものなんじゃないかなと思うんです。

なので、プレミアムフードだから安心(安全ではあるんだろうけど、安心ではないよね)、レビューが高いから間違い無いではなく、猫が美味しいよって食べてくれて、自分で体調の変化を注意深く見てコレだ!と思ったご飯が一番良いモノだと思うのです。

 

話が上手くまとまらないが、取りあえず。

情報に踊らされず、ちゃんと猫ちゃんの好みと体調を見ながらご飯は選びたいよね!ってことで。

 

余談。実は定期的にリピってるのはピュリナだったりするんだ。

ホームセンターとかで買えるものだと、コレが一番体調や毛づやが良いです。

なので、注文ミスってご飯ストックが無くなりそうなときは、コレでごまかしたりすることもあるのはここだけの話。

スポンサーリンク