読んでみないことには分からない。買ってみたコミカライズに良い意味で裏切られた。

表紙やサンプルを見て、「あ。これ、好みに合わないな」と思う事ってありますよね。

でも、実際中身を見てみると、「結構好みだった!」となることはあります!

実は、FGOのコミカライズ版がそれだったんですよ。

 

Fate関係のまんがは結構出ているみたいですが、自分はFGOしか真面目にプレイしていないので、コミカライズはFGOしか持っていません。

で、このコミカライズ本。講談社と一迅社からそれぞれ出ていますよね。

実は、講談社の方のコミカライズ、第一印象はあんまりよくありませんでした。あっ!作品自体が悪いとかではなく、好みに合うか合わないかという意味でデス。

表紙見たときにあまりピンッと来なかったのもあるんですが、電子書籍のサンプルを見ても、話の流れが好みに合わずちょっと引いてしまったので、購入は取りあえず保留にしてたんですよね。

でも、書店とかにいくと、もう一冊はあっと言う間になくなるのに、これだけずっと在庫が残ってる状態。それを見ると、なんかちょっとさみしくなるわけです。

とは言え、サンプルがあんまり自分にあわなかったからなぁ…という意識が購入にストップをかけるんですよ。外れたら嫌だなって。

まぁ、結局興味に負けて電子の方で読んで見たら、これ、サンプルピックアップで失敗してないですか?と思うパターンだったんです。

実はこの本、初めの数ページはあんまり引っかかる部分なかったけれども、読み進めていくと結構面白いし、戦闘シーンはとにかく格好いい!

あと、女の子の表情が凄くカワイイんですよ!

絵柄的な好みもあるからなんとも言えないけれども、他の作品ともリンクするシーンがちらほらあったりで、あれ?ここのシーン…みたいなところも結構あるっぽいのも面白かったんです。

もう片方のコミカライズはこの本なんですが、これを店頭に二つ揃えて並べられちゃうと、どうしても色が多い方に目が行ってしまうし、サンプルページもこっちの方が面白いと感じてしまうんです。

でも、読んでみたら以外と甲乙付けがたく、どちらも話に引き込まれるモノが有り読後の満足感はかなりありました。

何が好みで何を選ぶのかは自分の自由だとは思うけれど、こうやって「ああ、自分にあわないからいいや」って思ってスルーしてしまったモノが、実は自分の好みにドンピシャだったっていう瞬間、「ちくしょー!もっと早く気付けば良かった!」ってなることもあってモッタイナイ。

 

そんなわけで、結局二冊ともちゃんとお買い上げしてきましたよ〜。

よく見てみると、白い表紙の方は主人公視点の話で、青い表紙の方がマシュ視点の話だったらしい。

読んでる感じでは分からなかったけれど、描き手によって解釈が違ってくるのかな?

今後の展開がどういう風に変わっていくのか、今ちょっと楽しみです。

スポンサーリンク