カテゴリIDが上記以外の場合に表示するコンテンツ

Googleアドセンスが無事に承認完了されたよー!

昨日、そわそわしながら申請していたGoogleアドセンスだが、何やら無事に承認完了していただきましたー!

申請から半日ほどで、承認完了メールが登録アドレスに届いてました。そして広告が自動挿入されてしまって、広告だけがやたらと目立つ上、一部ボタンが隠れてしまった。後で邪魔にならないけど見やすい場所に修正シマス。(記事の一番下だけに表示されるように修正しました)

ところで…

Googleアドセンスの承認は中々OKが出にくくなっているという記事を沢山拝見し、不安ながら結果を待っていた訳ではありますが、どうも「こうしなければならない」という項目に当てはまらなくても承認完了通知を頂く事は可能のようです。

そんなわけで、気になった部分をメモメモ。

 

スポンサーリンク

申請時の自サイトの状態

さて、アドセンスやってみようと思い、昨日申請した訳ですが、その時点での自サイトの情報は下記の通りです。

サイトの基本情報:有料レンタルサーバー/独自ドメイン/WordPress使用
総記事数:81記事(2017年12月15日現在/申請時)
記事傾向:大体日記、時々情報まとめ
記事の文字数傾向:日記系500文字以下/情報まとめ系1000文字前後
情報まとめ系記事:16記事程度
更新頻度:毎日
カテゴリ設定:8
外部リンク:有り(WordPressカスタマイズ系で参考にしたサイトへのリンク)
ランキングリンク:無し(登録すらしていない)
アフィリエイト:Amazon、楽天設置済(商品紹介ページ以外のアフィリエイトリンク無し)
画像:記事毎にアイキャッチ設定。記事によって本文に画像有り
プライバシーポリシー:設置
連絡先:コンタクトフォーム設置
アクセス解析:有り(Googleアナリティクス)
サーチコンソール設定:済み
SSL設定:済み

ココで注目したいのは、サイトの記事傾向、記事の文字数、外部リンク、アフィリエイト、画像の5点。
アドセンスに落ちましたや、申請承認のためにはココを抑えよう!と言う風にポイントを紹介されているサイトさんの記事を読むと、殆どが

サイトの傾向:日常ブログ系はアウト
記事の文字数:1000文字程度ないと厳しい
外部リンク:全部外して申請しよう
アフィリエイト:コレも外すべし
画像:本文は画像無しにしておこう

となっていました。で、猫壁はというと……、

サイトの傾向:雑記メモが半分以上ある
記事の文字数:1000文字程度無い記事も結構ある
外部リンク:参考にさせて頂いたサイトや、お借りしているテーマのサイトはリンクしてある
アフィリエイト:紹介したい商品はアフィリエイトリンクしている
画像:猫のページは殆ど画像…なんだが…

と言う風になっています。

こうしてみてみると、どうも対策サイトと自サイトの情報は矛盾しているっぽいね。

 

スポンサーリンク

承認完了になるためには?

アドセンスに落ちました、対策しようサイトを見て、自分のサイトは駄目なんじゃないかと不安に思いながら申し込みしたけど、前全そんなことはありませんでした。
じゃあ、何でOKを頂けたのかということをちょっと考えてみることにします。

日常ブログはNGじゃないかもしれない。

ブログ傾向が日常日記だとNGっていう部分は、すべてがそうだというわけではなさそうです。

全部の記事が個人的な日記ものだとNGになるかもしれません。ただ、その中に数個でも、「この情報を探していたよ!助かった!」と思って貰える記事があれば該当しない可能性は高いかも。

記事の文字数は500に満たなくてもOK?

このサイトの記事を見てみると、日常日記だと500満たないものが結構あります。
それを考えると、記事の文字数は必ず500文字以上ないとNGではなさそうです。どちらかというと、500文字は目安で、閲覧者にとって役立つ情報をまとめた記事の目安が、1000文字以上、もしくは1000文字に近い数があれば有益と判断してもらえるのかも。

外部リンクしてても大丈夫。

外部リンクは、被リンクを稼ごうとして乱立させるとNGになると思います。

ただ、「この記事を書くために、このサイトのココを参考にしていますよ」と分かり易く紹介してあれば、見る人にとっては助かる記事になるからOKなのかもしれません。

アフィリエイトリンクも大丈夫。

アフィリエイトリンクは、過度な宣伝などで、「買って、買って、コレ買って!」と購買を煽るようなものはNGだと思います。

ただ、こういう商品があって、実際に使って良かったからリンク貼るね。参考にしてね!だと大丈夫っぽい感じですね。

画像は効果的に使った方が良い?

画像に関しては、文字だけで分からない事は画像の説明を付けた方が、見る側にとってはわかりやすいです。

なので、画像全部がNGなんじゃなくて、記事を分かり易くするための画像なら寧ろ使った方がいい気がしました。

以上のことから、対策サイトの条件を満たさなくてもNGにならないパターンもあると思った方が良いみたいです。

 

自分のサイトを承認完了して貰うためには?

じゃあ、自分のサイトが承認してもらうためにはどうしたらいいのか?ってことですが、多分こういうことかなと。

  1. 記事の内容で誹謗中傷や犯罪を臭わせるものは絶対NG!
  2. プライバシーポリシーや連絡先はきちんとしておく!
  3. 日記記事もOKだけど、お役立ち情報は読み手に分かり易くまとめてあげる。(出来れば1000文字以上の目安で)
  4. 有益な情報であることを紹介するためのリンクは、貼っても大丈夫!
  5. 便利だから紹介したいアフィリエイトリンクは、貼っても大丈夫!
  6. 画像があって分かり易くなる場合は、使用した方が読みやすい

その他には、情報に辿り着きやすいようにパンくずを設置したり、記事毎にカテゴリ分けしたりしてあげたり。

このサイトが有害なモノでは無いという事を証明するために、SSL設定してあげると尚良しと判断してもらえるかも。

きちんと管理していますよと分かるようにサーチコンソールやアナリティクスの設置、更新の間隔が余り長く開きすぎないことも重要になってくるのかなと。

でも、一番大事なのは多分…

読んだ人にとって、読みやすく分かり易く、尚かつ問題が解決しそうな情報を公開している事が大事なのかもしれません。

 

ところで……有益な情報の書き方って?

で、有益な情報ってところなのですが、有益な情報の書き方なんて分わからないよって思いませんか?

でも、この有益な情報ってやつ。実は書くのってそんなに難しくないのかもしれないです。
というのも、「こういうことしたいな。でも調べてみても分かりにくかった」という失敗談をまとめてあげれるだけで、これは十分有益な情報になるんです。

例えば…

 
アドセンスを登録の時に登録紹介サイトを見ながら作業してたけど、登録画面が変わっててボタンが見付からなかった。
だから作業に手間取ったんだ…

とか、

 
WordPressをカスタマイズしたいけど、同じテーマを使っている人がいなくて分からない。
自力で解決したから、情報載せておくぜ!

とか。
自分がやろうとしていたことで、躓いた部分は、同じように人が躓いて困っている可能性が高かったりすることがあります。

そして、そういうつまづきの解決策的な情報は、以外とスルーされていることも多いです。

だからこそ、ココはこうしてあげると解決できるよ!っていう風に記事を書いてあげれば、それだけで有益な情報に変わるんだ!って事なんです。

勿論、まるまる他のサイトさんのコピーはNGですよ。
絶対自分の言葉で、こういう部分が困ったよ。こうしたら解決したよってまとめることが重要であります。

 

そんなわけで、不安ながら申請してみたアドセンスが、思った以上にスムーズに通った事から見えることを、自分なりにまとめておきます。

スポンサーリンク