23
11月
0

WordPressをさわってみようよ③ | ネットのお家を用意しないと誰も呼べないよね

初心者でも何とかなる!(というか、なってる)

分からないながらも、自力カスタマイズで記事を更新できるので、興味があればやったみようぜ!的な何かその③。

 

まずは土地(サーバースペース)を用意しよう!

さて、概要すっぽかして取り敢えず触ってみたい!って思う気が短い自分みたいなタイプは、取り敢えずやってみよう!から初めていこう。

 

先に説明したとおり、WordPressを使うためには、Webという広大な土地に自分だけの区画(サーバースペース)を用意する必要がある。(下記参照)

そのためには、サーバーを借りて用意しなければならいわけでー…。

どういうサイトやブログを作るかに合わせてサーバーを選ぶ方が、後でめんどくせって思う事は少ないが、自分みたいに「ただ、何となくやってみようかな」ってタイプだと、「どれくらいの容量で〜」「どういったサービスで〜」といった計画を先にたてるのは難しい。(それを人は無計画という)

それでも悩むより使いたい!っていう欲求が先にくるので、もう後先考えずやってみようぜ!無計画でも!

そういうときは、ネットで「ココイイヨ!」ってオススメされている場所を選ぶのが無難かなと勝手に思っている。

あとは、お財布事情に合わせてドコを選ぶかを考えて、サーバーを選んでしまえ。

(他のサイトさんよりも役に立たないかもだが、一応まとめてみた↓)

 

どこで借りるか決めたら、早速サーバーを契約してみよう。

利用者のレビューやユーザーの多さ、オススメポイント、サービスの内容、安定性、その他にあわせてお財布事情を合わせて使用したいサーバーを決めたら、早速借りてみよう。

とは言え、いきなりお金を払うのはやだなーって思うことはあるはず。

そういう時はお試し期間をフル活用すべし!

もし、自分に合わないなと思う場合は、お試しで終わって、また新たな土地を探せばよい。

今回はXサーバーで進めていくよ〜

 

申し込みをしなければ先に進まない。

考えていても仕方がない。まずはXサーバーに移動、移動。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

Xサーバーに移動すると、こんな画面が出てくる。

なんか色々書いてあるけど、一つ一つ読んでるとめんどくさいので、右側にある【お申込はこちら】をクリックして先に進む。

もちろん、初めて使用するので、【サーバー新規お申込み】をクリックして次へ。

 

必須項目を埋めていこう。

すると、お申込フォームが開くので、必須となっている項目をどんどん埋めていっちゃいましょう。

契約内容はどれを選ぶべき?

お申込フォームを開いて初めに決めるのは、サーバーIDとプランだ。

①には好きなサーバーIDを入力。(先に使用されている場合は、使用できないよ。)

②で使用プランを選択するわけだが、3つもあってどれを選べばいいのやら。

こう言うときは、機能一覧ページで内容を確認してみる。

機能一覧

と、言いたいところだが。

別に企業用で使う訳じゃないので、高スペックすぎるX30(プロ)は必要だとは思えない。

それに、とても沢山のコンテンツを初めから持つわけでも、メチャクチャ沢山の人が作ったらすぐに来るわけでもないので、X20(プレミアム)も特に要らないかなと。

となると、X10で十分じゃないかと思う訳だし、一番安いプランでも既に高スペックなので、個人で利用する場合は、X10を利用している人が多いっぽい。

というわけで、X10で初めても問題は無いと思う。

 

契約者の情報を入力していこう。

 

③〜⑪は個人情報を入力する部分になっている。

インフォメーションメール以外は必須となっているので、該当する全ての項目を埋めてしまえばOK。

 

利用規約に同意しよう。

 

最後は、利用規約/個人情報の取扱の項目になっている。

利用規約/個人情報の取扱いを確認後、⑫をぽちっとチェック。

必須となっている部分を全て埋め、利用規約/個人情報に同意したら、このページで行う作業は終了だ。

間違いが無いようなら、申し込み内容を確認をクリックして次へ進む。

 

ちゃんと合っているか確認しよう。

 

 

確認画面では、さっきのページで入力した内容が表示されている。

記入内容に間違いがなければ、【お申し込みをする】をぽちっと押せばメールがくる。

間違っている場合は、慌てず【お申し込みを修正】で前のページに戻り、修正してあげればOK。

 

申し込みを押したら直ぐに、確認メールが届くよ。

 

申し込みが終わると、上記のようなメールが届く。

申し込みをして10日間は、支払をしなくてもサーバーを使えるわけだーがー、10日間以上継続して使いたい場合は、当たり前だが申し込みから10日以内に支払いを完了させること。(ちなみに、独自ドメインを使用したい場合は、支払いを完了させないと使えないらしいからお金を払っちゃいましょう)

 

 

届いた設定完了のメールには、会員IDとメールアドレス以外にも、ユーザーアカウント情報サーバーアカウント情報が記載されている。

登録情報を修正したい場合は、インフォパネルを。

サイトの設定や修正をしたい場合は、サーバーパネルにログインすれば、修正可能だ。

兎に角、これでWordPressが使えるサーバーを用意出来たことになるので、これでWeb上の自分の土地を用意出来たことになる。

次は、この土地(サーバースペース)に、家(サイトやブログ)を建てていこう。

ここで漸く、WordPressをインストールする事が出来る様になったよ。

 

というわけで続く!

タグ: ,

スポンサーリンク