WordPressをさわってみようよ④ - 独自ドメインを契約 –

初心者でも何とかなる!(というか、なってる)

分からないながらも、自力カスタマイズで記事を更新できるので、興味があればやったみようぜ!的な何かその④。

 

せっかくサーバーを借りて自分だけのサイトやブログを作るのなら、URLも自分だけのモノにしたいよね!

というわけで、今回は独自ドメインを取ってみようよ!

サーバー同様、ドメインサービスを提供している会社は沢山あるが、今回はムームードメインで取っていくよ。

 

ドメイン、とは?

そもそも、ドメインとはなんぞや?と言う事だが、ドメインとはWeb上の住所のことで、

インターネットでサイトを見るときに打ち込むhttps://2359-08.com←この部分。

これがインターネット上での自分のサイトを表す住所=ドメインということになる。

 

ドメインを契約して自分だけのWeb住所を手に入れよう!

では、早速ドメインを契約して、自分だけのWeb住所を手に入れてみよう。

 

使用したいドメインを検索してみる。

独自ドメインを取るなら、やっぱり自分のサイトを表す言葉が一番いい。

サイトの名前が決まっていないけど取りたい場合、好きな言葉や文字の組み合わせで取りたい。

そんな風に考えることは多いはず。

でも、ドメインって実は早い者勝ちで取得なので、当然、誰かに使われていたりすると使用出来ないということになってしまう。

とりあえず、ムームードメインのサイトに移動したら、使用が出来るかどうかを確認してみよう。

ドメイン取得は 【ムームードメイン】最安値69円!

確認するには、ドメインを検索するに使いたい言葉を入力し、.comの隣の▼をクリックして使用したい文字選択した後検索を押すと、使用状況とレンタル可能かどうかの結果が表示される。

.comの部分が分からない場合は、そのまま検索ボタンを押してしまえば良い。

ドメインが既に他の人に使われている場合は、取得できませんとグレー表示される。

この場合、どうがんばっても使用することは不可能なので、別のドメインを探さなければならない。

残念だけど、別の言葉で使いたいものがある場合は、それで再チャレンジしてみよう!

ただ、どうしてもこのドメインが良いというこだわりが有る場合は、文字の間にハイフン(-)を入れてみると取得出来ることもあるので、試してみると良いかもしれないよ。

今回は、testとPressの間にハイフンを追加したら、取得可能になったので、これで進めてイキマス。

無事、使いたいドメインがカートに追加出来ると、次の画面が出てくる。

この画面ではボタンは一個しかないので、スペルミスが無ければ、そのままカートへ進んでしまって良い。

ところでー…

自分だけのドメインを使いたい場合、お金を出して借りるわけだが、実はこの金額設定、長く使う場合はチェックしておいた方が良いポイントがある。

と言うわけで、下記参照。

ドメインを借りるとき、初期費用の安さで決めがちだが、一度決めたドメインは、今後付き合いが長くなると思われるので、初期費用だけじゃなく、更新費用や移管費用を見てから決めた方が良い

 

ユーザー登録をしよう。

ドメインをカートに追加すると、ログイン画面が出てくる。

ムームーIDを取得しないとドメインを借りることができないので、とりあえずユーザー登録をちゃちゃっと済ませてしまおう!

ムームードメインの取得は、新規でユーザー登録する方法と、Aamazonのアカウントを併用して使用する方法があるらしい。

アカウントを同期させるのはちょっと…と思う人は新規登録を。

アカウント増やすのやだなーって人は、Amazonを選択する。

今回は、新規登録から進む。(Amazonの場合は、ボタンを押した後の案内に従って進めて下サイ)

先に進むと、ユーザー情報入力がでてくる。

ここで入力する内容は、ユーザーIDとして使用するメールアドレスと、ログインするためのパスワードの2つ。

①にIDとして使用するメールアドレスを、②にパスワードを入力し【内容確認へ】をクリックし先に進む。

 

次の画面は入力内容の確認画面なので、入力内容に間違いが無い場合はユーザー登録ボタンを押して、ユーザー登録をを完了させる。

これで、ムームードメインのIDを取得完了となり、ドメインの申込が出来る様になった。

というわけで、次へ。

 

ドメインの申し込みをする。

ユーザー登録が終わったら、今度は、今回の作業のメインであるドメインの申し込みをしていく。

まずはドメイン設定からしていきましょい。

 

WHOIS公開情報の設定。

まずは、WHOIS公開情報とネームサーバー(DNS)の設定から。

ここで出てくるこのWHOISっていうものだけど、どうやらWHOISっていうのは、ドメインを取った人の名前・住所・電話番号やメールアドレスといった情報を、ネット上に公開するよ〜というものらしい。

「代理公開」を選択しないと、自分の情報がオープンにどーんっ!と公開されてしまう。

それじゃあ困るよねって訳なので、アナタの代わりにムームードメインの情報を代わりに公開しておくよ〜といいうのが、【弊社の情報を代理公開する】という部分になっている。

なので企業や会社としてドメインを取る目的ではなく、個人で使うのなら、ここは代理公開に設定しておこう。

じゃないと、自分の情報がオープンになっちゃうよ!

 

ネームサーバーの設定。

次にネームサーバー(DNS)を選択しよう。

ネームサーバーは、ドメインの名前を管理しているサーバーのこと

今回は、Xサーバーを使用したいので、ここをGMOペパボ以外のサービスを選択する。

(GMOペパボのサービスを使っている場合は、ムームーDNSかレンタルしているサービスを選択すればいいのかなと)

GMOペパボ以外のサービスで使用する場合、サーバー契約時に送信されてきたメールや、サーバーのインフォ画面(サーバー画面)などで確認出来るので、それを設定してあげるとOK

 

Xサーバーの場合は、登録したときのメールにこんな風に記載されているよ。

この情報は、もちろんサーバーパネルからも確認出来るし、Xサーバーのページでも確認出来る。

ネームサーバーの設定

ネームサーバーの情報が確認できたら、早速追加していこう。

GMOペパボ以外のサービスを選択すると、こんな感じでネームサーバーを追加するボックスが出てくるので、先ほどのネームサーバー情報を追加していく。

※ネームサーバーは共通らしいので、下記の表からコピペでもイケマス。

ネームサーバー1ns1.xserver.jp( 219.94.200.246 )
ネームサーバー2ns2.xserver.jp( 210.188.201.246 )
ネームサーバー3ns3.xserver.jp( 219.94.200.247 )
ネームサーバー4ns4.xserver.jp( 219.94.203.247 )
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp( 210.188.201.247 )

で、ネームサーバーを入力するボックスだが、デフォルトでは入力出来る場所が2箇所しかない。

なので、ネームサーバーを追加という青のボタンを押して増やしてあげよう。

 

サーバーをまだ用意していないよって場合は…

同時申し込みで、ロリポップのレンタルサーバーを一緒に借りることができる。

なんて痒いところに手が届きやすい抱き合わせ。

ドメインを先に借りてサーバーを後からと言う場合は、一緒に借りると初期費用が無料になったり、連携がしやすかったりとメリットがあるかもしれないので、お得にお安く使用したい場合は、一緒に申し込むと便利かも。

 

メールも独自のものを使いたいって思ったら…

どうせならメールも独自ドメインで使いたいよねって場合は、ココにチェックを入れて借りても良い。

ただ、レンタルしているサーバー側でも、独自ドメインでメールアドレスが作れる事もあるので、申込するかしないかはレビューなどを見て考えた方が良いかもしれない。

今回は使用する予定じゃないので、契約しないで先に進むよ〜。

 

支払の方法を選択。

借りる内容が決まったら、契約年数とお支払い方法を決めていこう。

【ドメインの契約年数】では、1〜10年までの間でレンタル期間を設定出来る。

【お支払い方法】では、クレジットカード決済、おさいぽ!決済、コンビニ決済、銀行振込、Amazon Payから選べる。

【クレジットカード情報】クレカを使う場合は、ここにカード情報を記載。

直ぐに使いたい場合は、クレカを選択すると、直ぐに決済画面に移動出来るし、自動契約更新をしたい場合はクレカで進めていこう。

今回は、コンビニで支払コースで進めるヨ。

 

クーポンって?自動更新設定はどうするの?

クーポンコードを持っている場合はコードを入力。そんなモノ無いよって場合はスルーで。(どうやってクーポンコード貰うんだよって思いながらスルーしたヨ)

自動更新設定では、次回の契約を自動で更新するかどうか選択出来る。(払い忘れそうな場合は、自動更新しておく方がいいと思う)

全ての項目を埋めたら、次のステップへ移動しよう!

 

一緒に借りれるのはロリポップ!サーバーやムームーメールだけじゃない!?

 

さっきチェック入れる場所あったじゃーん!

と思いながらも、他にもサービスあるからどう?とオススメしてくるのがこの画面。

ドメインと一緒に申し込みたいサービスがある場合は、この画面から選択して申し込みを進めていこう。

特に無い場合は次のステップへで最終確認へ。

 

最終確認したら早速借りちゃおうぜ!

ムームーメール、クーポンコードは必要に応じて入力する箇所なので、今回は【なし】で。

赤枠で囲まれた情報が間違っていないことを確認し、利用規約に同意したら、この内容で申し込むを押して申し込み完了!

 

支払いを完了させて、使用可能にしよう。

 

選択した支払い方法によって、支払い画面の出方が変わるのかもしれないので、支払いは申し込み時に案内に従って進めていく。

コンビニ決済の場合、メールに支払い情報が記載されているので、その手順通り、指定したコンビニで手続きを済ませよう。

このメールが来たら、契約完了。ドメインを使用可能になるので、サーバー側で使用の設定をしていこう。

というわけで、今回はここまで。

次回へ続く〜(予定)

スポンサーリンク