WordPressアドレスとサイトアドレスって違うものなんですか?

WordPressアドレスとサイトアドレスって違うものなんですか?

新しいことにチャレンジしたい!でも、初っぱなからずっこける。

WordPressを触っていると、WordPressのアドレスとサイトのアドレスを別で設定することができるようですね。それって一体なんだろう?ってところで、初心者は頭の上にいっぱい「?」を飛ばしました。今回はそんな話。

 

前回、Web小説をやっていました。という話をしたのですが、

実は何度か過去にブログやサイトもやっていました。

 
え?そのブログは今どうしてるのかって?

もちろん、今じゃ跡形も無く消失しているでありますぞ。昔の住まいはさっさとお掃除。コレ大事ネ。

で、今回は、流行りのWordPressを使ってみることにしたわけですが、これがまぁ、面白いくらい全くワカラン。

そもそも、サイト作るときにhtmlのソースを見ることが苦手すぎて、WYSIWYGの代表格である、ホームページ作成ソフトを使っていたくらいですからね〜。

ブログだって、ステキテーマをお借りして、それをそのまま使うくらいにはコード見るのが苦手。

サーバースペース借りるのだって、無料レンタルで説明がわかりやすくお手軽簡単に設定可能!そういうところを好んで使っていたので、本腰入れてよっこらせと作業するのは、ロリポでサバ借りて、友達と作っていたサイト以来。

で、初めてのWordPress。触ってみると、つまづいたり分からなくなったことが結構いっぱいあるので、また再設定するときのためのためにメモメモしておくことにします。

2019.4現在:後で読み返したらぶつ切り意味不明なので、リライトしました。

 

WordPresをインストールする。まずは、コレだね!

ではさっそく。一番初めの導入部から作業していきます。契約したばっかりのサーバーにログインしてコントロールパネルを見ながらうなること数秒…。

 
………………うん。わからん。

そりゃそうだ。右も左も何も分からないのに、ホイホイできる程頭は良くないんですよね、残念ながら。

と、言う訳で、サーバーのサイトを見ながらインストールしていきます。あっ。猫壁はエックスサーバーさんに間借り中です。

とりあえずマニュアル通り進めていけばサクッと終わるよね!メイビー!

 
学生の頃はさ、マニュアルとか見なくても感覚でいろんな事ができてたよなぁ。
でも、最近はマニュアルって大事だなって思う事多くなったよ、ホントに。

とは言いつつも、WordPressを簡単に設置できますよ〜!としているレンタルサーバーさんは結構多いんですよね。Xサーバーさんもその一つ。こんな感じで、プログラムのインストール画面があるので、ここに必要な情報を入力してインストール(確認)を押せば、作業は完了!

インストール画面(Xサーバー)

コレであってる?コレで大丈夫?何度も確認しながら進んでいけば、無事インストール完了!

漸くスタートラインに立つことに成功しました!ヒャッホイ!ココで一服ティータイム。

 

URLの後ろについた/ディレクトリ名/←コレ。なんか見た目悪いし邪魔だなぁ……。

さてと。

休憩も終わったし、よっしゃ!これでようやく記事を書き始められるぜ!

そう思って作業を始めようとしたときに、表示されたURLをみてヘタレはふとこう思った。

 
/ディレクトリ(インストールしたフォルダ)名/←コレがあると見た目悪いなぁ。

インストールが終わったばかりだと、WordPressのURLはこんな風になっている事があります。

http://サイトドメイン.com/ディレクトリ(インストールしたフォルダ)名/

普段みているサイトのURLは、http://サイトドメイン.comだけで、後ろの/ディレクトリ名/は、リンクページに飛んだ時に始めてくっついてくるもの。なのに、自分のサイトは、初めから/ディレクトリ名/がくっついている。

せっかく新しいサイトを作ったのに、これだとなんだか残念な感じ。と、感じたりしませんか?

気にしない人は気にしないんだろうけど、気になる人は気になるはず。

 
ってか、みんなはどうやってこの/ディレクトリ名/を華麗に消し去っているんだろう?

もう一度エックスサーバーのマニュアルを見ていたときに気になったのは、インストールURLの項目です。

ディレクトリ名を指定しない場合は、/の後ろに文字を入れない

ここにある、/の後のテキストボックス。このテキストボックスに入れた文字が、ディレクトリ名として登録されるということはつまり……

 
マニュアル通りにディレクトリ名を指定してインストールしたけれど、もしかしてここに文字を入れなければ、URLだけでインストールできるんじゃなかろうか。

調べてみると思った通り、インストール先のドメイン(http:サーバーのドメインor独自ドメイン)のあと(/より後ろ)に文字を入力すると、任意のディレクトリにインストールされる模様。

逆に指定しない場合は、public_htmlの直下にインストールされるので、URLがドメイン名だけで完結するってことのようですね。

.comや.netなど、ドメイン名でURLを完結させたいときは、ディレクトリの設定をしない。
階層が増えても良いから、インストール先を指定したいときは、ディレクトリの設定をする。

 

でも、インストール先はディレクトリにしたいんだよね。URLだけを変更したい場合はどうすればいいんだろう?

 
あっ。でも、インストール先はフォルダにしておきたいんだよなぁ……

人間ってのは、実にわがままなものです。コレだ!って解決策を見つけたとしても、自分の要望と合わなかったら満足なんてできません。

気になりだしたらどこまでも気になるってもの。なので調べてみることにしました。

すると、やっぱりあるんですね!/ディレクトリ名/を消す方法ってやつが!なので、こちらのサイトさんを参考に作業を進めていきましょう。

初心者にとって、見たことない・触ったことのない情報というものは、先入観と予備知識がない分、どんなに簡単に説明されていたとしても、理解不能になることは多いです。ね!というか、

もちろん自分もそのうちの一人でありますよ。

そう言う場合、画像付きや、分かりやすく言葉を砕いてくれる説明書っていうのは、とても有り難いモノ。紹介させていただいたサイトさんはまさにそういうサイトさん!ブラウザ2窓で、/ディレクトリ名/をサクッと消す魔法をかけていきましょう!

手順としては、以下の通り。

 

一般設定画面で、サイトのURLを変更しよう。

まずは、設定→一般から、一般設定画面を表示。サイトアドレス(URL)部分のhttp://自分のサイトドメイン/ディレクトリ名/から/ディレクトリ名/を削除します。

修正するのは、サイトのURLのみ!間違えないこと!
ココで気をつけなければいけないことは、WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)は別にするということ!!

 
なんで?一緒じゃダメなん?
そうなんです。修正するのはサイトアドレスの部分のみで、WordPressaアドレスは修正しちゃダメであります!。これを間違えて修正してしてしまうと、ログイン自体出来なくなるので、自分で直せない人は絶対触っちゃダメですぞ!!。

URLの修正をするときは、サイトアドレスのみを修正しよう!

 

もし、URLを間違えて同じものし、ログイン出来なくなった場合は、wp-config.phpに

を追加すると元のURLに戻すことができるようです。※一時的にらしいですが。

対処法はこちらのサイトさんを参考にしています。

 

URLを修正したよ!とWordPress側に伝えるために、index.phpを修正しよう。

URLの修正が終わったら、今度はFTPソフトなどでサーバーに接続します。(レンタルサーバーのFTPサービスを使うのもOKです。サーバによって使い方が異なるので、サーバーのマニュアルを参考にして下さい)

サーバーの中を見てみると、色んなフォルダがあると思います。その中から、public_htmlを選択し、WordPressをインストールしているディレクトリからindex.phpをダウンロードしてください。

ダウンロードしたら、index.phpを開きます。※PHPファイルを修正するときは、PHPファイルが修正出来るエディタを使う事!

開いたら、以下のコードを

この様に書き換えてあげます。

こうすることで、「本当はこのURLなんだけど、ディレクトリ名は表示しないでお客さんに住所を教えてね!」ってWordPress側に指示を出すことが出来るんだそうだ。

 

書き換えたら、今度はWordPressをインストールしたディレクトリの階層ではなく、サイトのindex.htmlがある階層にindex.phpをアップしてあげます。階層はサイトのindex.htmlがある場所です!

index.phpがアップ出来たら、この階層にあったhtmlは削除してください。

index.htmlがある階層にアップする

 

パーマリンクの設定を変更して、.htaccessを作成しよう。

index.phpのアップロードが終わったら、今度はダッシュボードに戻って、設定→パーマリンク設定を選び、「変更を保存」を押して下さい。

そうするとindex.phpと同じ階層に.htaccessが作成されるようです。

.htaccessが作成されない場合は、下記内容の.htaccessを作成して手動でップロードする必要があります。

作成は、PHPを編集したエディタで新規作成すればOK。保存名は.htaccessにすればいいですよ。

個々まで来たら、後は新しいURLで接続出来るかを確認し、ページが表示されたら作業完了!

これで、綺麗さっぱりURLから/ディレクトリ名/が消えたはずです!

 
あー、スッキリした。

ところでー…パーマリンクを設定していない場合は、もしかしたら.htaccessの作業は要らない?

なんてことは無いか。

スポンサーリンク