WordPressを使うためにデータベースを構築するぞ。それが終わったらインストールだ!

WordPressをインストールしていくぞ!

前回、サーバーとドメインを手に入れSSL設定を済ませたので、今回はWordPressのインストールとURLのSSL設定まで進めていきますよ〜。

本日の作業と手順。
WordPressのインストール①(超かんたんインストール) → WordPressのインストール②(データベースの構築) → WordPressのインストール②(通常インストール) → URLに鍵を付ける(SSLに変更する)

サイトを作る記事の一覧はこっちから見れるよ。

 

スポンサーリンク

超かんたんインストールを使えば、データベースを準備しなくてもすぐにWrodPressが使えるぞ!

さて。WordPressのインストールですが、リトルサーバーさんはデータベースから構築してインストールする方法と、WordPressのインストールと同時にデータベースを作ってくれる方法があります。

始めてWordPressを触るから、何して良いか分からないと言う人は、超かんたんインストールがオススメ!

まずは、かんたんインストールのやり方でインストールをしていきます。

簡単インストールを選択

まずはリトルサーバーさんにログインします。コントロールパネルが開いたら、左にあるメニューの中にある【各種設定】から【簡単インストール】を選択

すると、右側の広いスペースにインストール出来るCMS一覧が出てくるので、一番目立つ黄色のボタンをクリックします。

簡単インストールを選択②

ボタンをクリックすると、こんな感じでインストール時に必要な情報を入力する画面に切り替わります。

項目は以下の通り。

使用データベース変更しなくてOK
インストール先WordPressをインストールしたいドメインを選択します。デフォルトだとリトルサーバーのアドレスになります。
表示アドレスサイト(INDEXページ)にアクセするときのURLをドメイン名で表示させたい場合はチェックを入れます。
サイト名日本語でもOK
ユーザー名管理者の情報になります。(ログインユーザー名になるので英数字で
パスワードログインパスワードになります。
メールアドレス連絡用のメールアドレスです。

それぞれに必要な情報を入力したら、【超かんたんインストール!】のボタンをクリックします。

簡単インストールを選択③

ページが切り替わると、先程の情報でインストールが完了した事を知らせる画面に切り替わります。これで、インストール自体は完了です!

簡単インストールを選択⑤

インストール完了画面に出ていた情報は、連絡用に登録したメールアドレスにも届きます。

WordPressに管理者としてアクセスするには、ログインURLをクリックします。

サイトを公開するには設置URLを教えれば良いよ〜。

WorPressログイン

ログインURLをクリックすると、こんな画面に飛びます。

ユーザー名またはメールアドレスに、入力したログインユーザー名か連絡用メールアドレスを。パスワードにログインパスワードを入力して【ログイン】ボタンをクリックすると、WordPressにログインできます

始めにログインしたときに出ます。

一番始めにログインするときのみ、メールアドレスが正しいものなのか確認を求められます。メールアドレスに間違いが無ければ【正しいメールアドレスです】をクリックして下さい。

ダッシュボード

WordPressのダッシュボードが開けばひとまずインストール→ログイン確認までは終了です。

 

スポンサーリンク

データベースからインストールすると、インストール先をサブディレクトリに指定出来るぞ。

ところで。さっきは超かんたんインストールでWordPressをインストールしましたが、インストールできるCMS一覧にはもう一つWrodPressのインストールボタンが存在していますよね。

こっちは、自分でデータベースを作成してからインストールするものですが、データベースを自分で構築するのとかんたんインストールではどんな違いがあるんでしょうか?

WPを自力でインストール①

正直、どっちでも使えれば良いとは思うのですが、インストール先をサブディレクトリに指定したい場合は、通常の方法でWordPressをインストールする必要があります。

簡単インストールだと、サブディレクトリに指定はできませんでした。

それでは。次はデータベースを作成してからのインストール方法について説明していきます。

 

データベースを作成する。

通常の方法でWordPressをインストールする場合、ボタンを押してもデータベースがありませんと出ると思います(確認する前にデータベースを作ってしまったので詳細不明/すいません)。

なので、まずはデータベースを構築していきましょう。

コンパネ項目

今回は、【簡単インストール】ではなく、【各種設定】にある【データベース】を選択します。

データベースからインストールする

始めてデータベースを作成する場合は、こんな感じで新規作成画面が出ます。【データベースユーザー作成】ボタンをクリックして下さい。

データベースのパスワードを設定

ボタンをクリックすると、データベース管理用の情報を登録する画面に切り替わります。

この情報は、データベースを管理するときに使用するので、構築するデータベース本体とは別の情報になります。

データベースの名前を入力

データベースユーザー登録が終わると、データベースの構築画面に移動します。

ここで、CMSをインストールするためのデータベースを作成します。さっき入力した情報とは別なので注意!

データベースの作成完了

データベースを作成すると、こんな画面に切り替わります。

作成済みのデータベースは黄色い表に追加される形で表示されていきます。

 

WordPressをインストールする。

データベースが用意出来たら、青いボタンのWordPressがインストール出来るようになります。

WPを自力でインストール①

今回は、データベースを事前に用意しているので、一番上のWordPressを選択してインストールボタンを押します

WPを自力でインストール②

ボタンを押すとこんな感じの画面に移動します。上にインストールっていうボタンがいっぱい並んでいるので押したくなりますが、下に表示されている【インストール先を指定】の項目を操作します。

インストールしたいドメインを選択したら、【次のページへ進む】をクリックします。

WPを自力でインストール③

ドメインを指定すると、インストール先を設定する画面に移動します。

かんたんインストールの時はドメイン/WP/wordpressの/WP/wordpressの部分を指定することも変更することも出来ませんでしたが、データベースを用意してインストールをする場合は、/WP/wordpressの部分を任意のディレクトリに変更することが出来ます

/WP/wordpressの部分を消したらドメイン直下にインストールになります(多分)。

WPを自力でインストール④

インストールするディレクトリの指定が終わったら、インストール先のデータベースを選択します。

【データベース】には、作成したデータベースをしていします。【テーブル接頭辞】はランダム値が自動的に割り振られるので、入力する必要はありません。(自分で設定したい場合は設定してもOK)。

WPを自力でインストール⑤

全ての情報を入力すると、確認画面に移動します。

情報に間違いがなければ、サイトを表示するときのURLを選択したら、インストールボタンを押してWordPressをインストールします

WPを自力でインストール⑥

この画面が出れば、インストールの準備が完了です。下に表示されているURLをクリックすることでWordPressの初期設定画面に飛ぶ事が出来ます。

WPを自力でインストール⑦

URLをクリックすると、上記の画面が出てきます。各項目に必要な情報を入力して、【WordPressをインストールする】ボタンを押します。

サイトの用意が出来たぞ!

インストールが完了すると、このような感じで、初期テーマを設定したサイトが表示されます。

サイトの編集はログインページからログインし、ダッシュボードで行っていきます。

 

ついでにサイトのURLを鍵付きに変えておく。

WordPressのインストールが終わったら、直ぐにでもWordPressを使ってサイトを更新できるようになりますが、サイトのコンテンツを作る前にURLに鍵を付けておく方が良いです。

サイトのコンテンツをある程度作成した後にSSLを設定すると、URLが変わり404エラーが起こる原因になるので、コンテンツがないうちに済ませてしまいましょう。

設定は、Really Simple SSLというプラグインを使うと簡単にできます。

really simple ssl①

まずは、プラグインインストール画面で【Really Simple SSL】を検索し、インストールします。インストールがおわったらプラグインを有効化してください。

really simple ssl②

プラグインを有効化すると、SSLに移行する準備がほぼ完了しましたという画面が開きますので、【はい、SSLを有効化します】というボタンを押します。

really simple ssl③

ボタンを押すと直ぐに【SSLを有効化しました。】という画面に切り替わります。

緑色のチェックがついているものは正常に処理が行われた項目です。黄色の注意マークは設定を変更する必要があるものですが、「WordPress 301 redirect enabled. We recommend to enable the 301 .htaccess redirect option on your specific steup.」という項目以外はプレミアムに変更しないと修正出来ないものになっています。

取りあえず.htaccessの301リダイレクトを有効化する設定をしておきます。

really simple ssl④

変更画面は設定タブで切り替えることが可能です。赤枠の項目が初期設定時では無効になっていますが、クリックして有効に変更しておきます。

デバッグは不具合をフォーラムで相談出来る場合はオンにしておいた方が良いと思いますが、分からなければオフにしておいても良いんじゃないかなと。

もし、コンテンツを作成してしまった後でURLを変更する場合は、既に出来てしまった内部リンクのhttpを全てhttpsに置き換える必要があるため、エラーが起こったときに対処がしにくくなります。コンテンツを作成前にURLはhttpsに変更しておくのが無難です。

 

次回はテーマを変更するためにCocoonをインストールしていきます。今回はここまで。

スポンサーリンク