15
1月

継続3ヶ月記事100でアクセスが絶対アップするなんて嘘だ!

買ったミカン、最後の一個をいつ食べようかと考えながら、賞味期限の切れたカステラを食べたため、お腹いっぱいのナカですよコンバンハ。

最高気温が22度まであがったことで、ちょっと薄着になっても寒くない\( ‘ω’)/

でも、一応今日はジャージ着用なり。

ところでー…

普段あんまり気にしないアクセス解析。偶に見て「あー…アクセス少なっ!」って思った時に、何となく検索するのはこんな言葉だったりする。

“ブログ アクセス 無い”

すると、Google先生は、こんな答えを返してくれる。

『WordPressでブログを立ち上げたら、最初3ヶ月はアクセスが無い状況が続くから、初心者はココが辛抱ドコロ!』

コレ見ると、3ヶ月我慢すれば奇跡は誰にだって起こるんだぜ!そんな風に捉えたくなるけれども、でも、まぁ、実際のトコロ、3ヶ月過ぎればアクセスが本当に増えるかというと…それって嘘だよね!!と、すっごい思うんだよ。今日はそんな話をしようかなと思うんだな。

 

 

初心者がぶち当たると言われる3ヶ月の壁

アクセス無くてしょんぼりしたときに、どうすればアクセスあげられるの?って思って調べると、

「WordPress+新規ドメインでブログ(サイト)を開始すると、作った当初は全くアクセスがない。

それはごく当たり前の話で、そこで落ち込むのはNG。

ブログを開始したら、とにかく3ヶ月は動きが無いから、それが当たり前だと思って更新ガンバレ!」

と、色んなサイトでこんな風にアドバイスをもらえる。

確かに、これは本当の話なんだろう。だって、この3ヶ月間、ほっとんどアクセスに目立った動きは無いからね。言われてるように、自分自身が現在進行形でこの初心者の壁にぶち当たってる真っ最中だ。

でも、3ヶ月過ぎたけど、相変わらずアクセスに目立った動きは無い。

そう!悲しい事に無いんだよ!!!

ユーザーサマリー見ても、トラフィック見ても、検索クエリ見ても、目立った動きなんてなーんにも無い。それが現状なんだ。悲しいが。

 

 

じゃあ、3ヶ月を越えるとアクセス増えるって本当?

で、色んなサイトでアドバイスを読んでいると、

「アクセス数は3ヶ月を越えるとアップすることが多いですよ」

こんな風に書いている記事が結構多いんだ。

勿論、3ヶ月よりも前にアクセスが上がってくるよって人は居るんだろうけど、殆どの人は3ヶ月は目立った結果や充足感は得られないと考えた方が良いっていうことなんだろう。

で、話は自分の事になるわけだが、じゃあお前はどうなのよ?って聞かれたら素直にこう答えるしかない。

「3ヶ月過ぎてるけど全く現状変わっちゃねぇよ!」と。

と、いうことは…つまり…3ヶ月過ぎてもアクセスって目立って大きな変動が起こるとは限らないってことだよね!

 

 

そもそも、ちゃんと更新してる?

「3ヶ月過ぎてもアクセスが増えないっておかしくね?そもそも、ちゃんと更新してる?」

その疑問は最もだと思う。だが残念なことに、更新は今のところ毎日してるんだよ。お陰様で記事数も100越えました。

だがしかし!アクセスは以下略。

 

 

じゃあ、アクセスが増えない根本的な原因って何なのさ?

と、言う訳で。振り出しに強制的に戻る。

サイトを立ち上げて3ヶ月経った。

その間、毎日更新はしている。

ついでに言えば、アナリティクス、サーチコンソールも登録してるし、サイトマップも作った。インデックスも登録してる。

でも、目立った動きは無い!

それって、じゃあ何が原因でそうなってるのかって言う事だけど、多分……

 

1.ちゃんとしたSEO対策をしていた訳では無い。

2.記事の文字数はあまり気にしていない。

3.雑記が多い。(自分用のメモだったり、日記だったりが圧倒的に多い)

4.閲覧者にとって、メリットと感じる情報がまだ少なすぎる。

 

が、思い当たる部分かなぁって考えている。

 

ちゃんとしたSEO対策をしていた訳では無い。

このサイトもどきは元々、自分の何かをすることを習慣化することが目的で作ったモノなので、特に読まれることを意識している訳では無かった。

なので、当然、SNSとかで更新案内や誘導もしていなければ、ランキングも参加していない。ついでに言えば、SEO対策のプラグインも入れていない。なので、SEOが上げるのが結構難しい状況になってたりするのかなって自己分析。

 

記事の文字数はあまり気にしていない。

このサイトもどきは、1記事1000文字以上のものもあれば、500やっと越えるような記事も存在している。

一応、情報系の記事は1000文字を軽く突破することが多いけれども、雑記やメモなんかは500文字も到達しないこともしばしば。

それは何故かっつーと、当初の目的が「習慣化」することが最優先で、内容をまとめるのは2番目だから。

自分にとって更新の優先順位は、「毎日書くこと」が第1。内容をまとめるのがその次なので、どうしてもそんな風に文字数が足りない記事も出てきてしまっているってこと。

 

雑記が多い。

まぁ、この辺は、さっきの「文字数をきにしていない」と被るところが多いけど、まずは習慣化するために「毎日更新」が最優先なので、時間ギリギリや体調があんまり優れないときは、自然と雑記メインになってしまう。

 

閲覧者にとって、メリットと感じる情報がまだ少なすぎる。

で、多分、アクセスが増えない一番の原因は、「メリットと感じる情報がまだ少なすぎる。」コレだと思う。

 

 

ブログにアクセスされるのは何故だろうって部分を考える事が大事。

ブログ(サイト)のURLを直接知っている人は別として、ブログの存在を知らない人が、検索エンジンなどで探して遊びに来てくれるのは、そこに自分の欲しいと思った情報があると感じたからだよね。

それってつまり、捜し物の答えを、ブログの管理人が持って居ないと上手くマッチング出来ないってことだ。

例えば…

「ブログのアクセス数が無いのが辛い」

そう考えている人が居るとして、その人は検索エンジンに

“ブログ アクセス ゼロ” や、“ブログ 新規 アクセスが無い” などといった言葉で答えを探そうとする。

検索エンジンに入力した文字にヒットする記事は当然、“ブログのアクセスが無い原因と対策”を紹介したサイトの記事になるのは当たり前。

そこに“今日の夕飯のおかず 作り方”なんて記事がヒットすることは、ほぼ無いよね。

 

そう考えると、特に記事のカテゴリを決めず、日常のことをメモ程度に書き記している記事は、滅多なことが無い限り検索で引っかかる可能性は低いってことになる。

逆に、こういう事で困った、詰まった。だからこうしたよっていう記事は、同じように悩んでいる人からしてみたら、少しでも答えに近づくための重要な情報になるため、検索に引っかかりやすくなる。

 

そこで、猫壁の現在の状況を見てみると……

 

まぁ、うん。

見事に雑記が多いわけで。

 

確かに3ヶ月は過ぎたし記事も100は越えた。

でも、アクセスが思ったように上がらないのは、圧倒的に雑記事が多いから、欲しい情報を探す人にとってスルー対象になりやすいって事なのかも知れない。

 

 

まとめ

今アクセスが無い現実を、真っ正面から受け止めて考えてみたけれど、取りあえず悲観はしないことにした。

元々の目的がずれてたわけだし、焦れば焦るだけ世界の隅っこでしょんぼりになるのは目に見えてるし。

それよりも、宛もなく漂流しながら、色んなトコロに目印を置きまくっていくほうが、後々何かに繋がるんじゃないかなって楽観的に考えてみる。

正直、ほんの少しではあるけれども、オーガニックサーチがダイレクトをちょっとだけ上回ってきた。

3ヶ月でアクセス数が大きく変動したわけではないけれども、3ヶ月継続してると、自分だけのアクセスが他の人のアクセスと逆転してくるタイミングがくるらしい。

 

初心者のぶつかる3ヶ月の壁ってさ、大きくPVが変動することじゃなくて、自分だけのアクセスと他人のアクセスの比率が逆転するタイミングの時期のほうなんじゃないかな。

 

とにかく。

3ヶ月続けても100記事越えてもアクセスが大きく動くのは管理人の手腕次第。

だから、絶対アップするよ!は嘘だと思う。当てはまる人もいれば、当てはまらない人も居るから。

ただ、そこで諦めるよりも、もっと自分の書いた記事と向き合って、情報を充実していくことは可能なのかということを考えていけば、もしかしたら大きくバンッと何かが来る事もあるのかも知れないなー…という夢物語を思いつつ、今日はこのへんでお開き!

タグ:

スポンサーリンク